ミュージアムガイド
  • 笠間日動美術館

    〜3月12日(日)

    鳥取県立博物館・
    田辺市立美術館所蔵名品展

    昭和洋画のパイオニアたち
    -前田寛治と佐伯祐三を中心に-

    鳥取県立博物館と田辺市立美術館の協力のもと、前田寛治と佐伯祐三を中心に1930年協会のメンバーの作品をご紹介します。

    ◎料金大人1,000円
    65歳以上800円
    大学・高校生700円
    中学生以下無料
    ◎開館9:30〜17:00(入場は16:30まで)
    ◎休館月曜日(但し1月2日、1月9日は開館、1月10日は休館)
  • 茨城県近代美術館

    2月11日(土)〜4月2日(日)

    東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展
    ひがしやまかいい とうしょうだいじみえいどうしょうへきがてん

    戦後、国民的人気を誇った日本画家・東山魁夷の画業の集大成「唐招提寺御影堂障壁画」全68面を茨城県で初公開します。通常非公開の障壁画を間近で鑑賞できるまたとない機会です。水戸の梅まつりとあわせてご覧ください。

    ◎料金一般1,080円
    高大生850円
    小中生480円
    ◎開館9:30〜17:00(入場は16:30まで)
    ◎休館日会期中無休
  • 水戸芸術館

    〜2月26日(日)/
    水戸芸術館現代美術ギャラリー

    展覧会「石川直樹 この星の光の地図を写す」

    世界をフィールドに活躍する写真家、石川直樹による初の大規模個展です。本展では、初期から現在に至るまでの活動を、初公開の作品を織り交ぜて総合的に紹介します。

    ◎時間9:30〜18:00
    (入場時間は17:30まで)
    ◎休館日月曜日、
    年末年始12月26日(月)〜1月3日(火)、
    1月10日(火)
    ※1月9日(月・祝)は開館
    ◎入場料一般800円、
    団体(20名以上)600円
    中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
  • 水戸芸術館

    3月3日(金)19:00開演/
    水戸芸術館コンサートホールATM

    宮田大 チェロ・リサイタル

    日本屈指のチェリストであり、水戸室内管弦楽団のメンバーとしても活躍する宮田が、楽団の本拠である水戸芸術館で、待望のソロ・リサイタルを開きます。ピアニスト、ジュリアン・ジェルネと阿吽の呼吸で生まれるダイナミックなアンサンブルをご堪能ください。

    ◎曲目武満 徹:オリオン
    プロコフィエフ:チェロ・ソナタ ハ長調 作品119 ほか
    ◎料金全席指定/一般3,000円、
    ユース(25歳以下)1,000円
  • 茨城県陶芸美術館

    〜3月12日(日)

    企画展 現代の茶陶利休にみせたいッ!

    桃山陶の復興を志した重要無形文化財保持者から、新進気鋭の若手作家の作品まで、現代における茶陶の多様な展開をご紹介します。

    ◎料金一 般720円
    高大生510円
    小中生260円
    ◎開館9:30〜17:00(入場は16:30まで)
    ◎休館月曜日
  • 茨城県立歴史館

    2月4日(土)〜 3月20日(月・祝)

    特別展 平成28年度 アイヌ工芸品展
    「イカ −アイヌ刺繍の世界−」

    華やかで力強いアイヌ文様や、18世紀から現代にいたるアイヌの服飾の美を紹介します。また、江戸時代、茨城の先人たちが著したアイヌに関する記録文献や収集した生活資料、工芸品を併せて紹介します。

    ◎料金一般600円/大学生310円
    ※満70歳以上及び高校生以下無料
    ◎開館9:30〜17:00(入館は16:30まで)
    ◎休館毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
  • 茨城県立県民文化センター

    2月11日(土) 14:00開演

    たかとりじゅんのミュージックカフェ
    『百人一首・オン・クラシック』

    茨城放送人気パーソナリティ“たかとりじゅん”がクラシック音楽を面白おかしく紹介するバラエティー型コンサート! バレンタイン間近の本公演では、百人一首から恋や愛について詠った和歌をピックアップ! いにしえの歌人の恋の悩みと西洋のクラシック音楽家たちが“恋愛”をテーマに作曲した楽曲をかけ合わせてご紹介、ソプラノの美しい歌声と共にお贈りいたします。

    ◎料金全席指定 1,800円(コーヒーサービス付)
    ※未就学児入場不可
    ◎会場茨城県立県民文化センター・小ホール
    ◎問合茨城県立県民文化センター
    TEL:029-241-1166
  • 常陽藝文センター

    2月1日(水)〜2月26日(日)【前期】/
    藝文ギャラリー

    宇宙の飛翔 サイトウ良 展

    版画家・サイトウ良さん(無所属、牛久市在住)は、セリグラフ(シルクスクリーン)で理知的、哲学的なテーマを表現しています。前期は青を基調にしたグラデーションと抽象的形態を駆使して大胆に画面を構成したセリグラフ(シルクスクリーン)を、後期はドローイングやコラージュ作品を中心に展示します。

    ◎料金無料
    ◎開館10:00〜17:45
    ◎休館毎週月曜日
  • 茨城県天心記念五浦美術館

    1月19日(木)〜2月19日(日)

    国際交流基金所蔵
    海を渡った日本の名品

    独立行政法人国際交流基金によって海外で紹介された日本画と陶芸の名品を展示します。

    ◎料金一 般310円
    高大生210円
    小中生150円
    ◎開館9:30〜17:00
    (入場は16:30まで)
    ◎休館月曜日
  • 茨城県天心記念五浦美術館

    2月25日(土)〜3月30日(木)

    再興第101回院展 茨城五浦展

    再興院展は、天心没後の大正3年、横山大観らによって再興された日本美術院の主催する日本画の公募展で、今年度101回目を迎えます。今回はその中から、田渕俊夫、那波多目功一ら同人の作品に加え、日本美術院賞、奨励賞、天心記念茨城賞受賞作品や、茨城県ゆかりの画家たちの作品など66点を紹介します。

    ◎料金一般620円/高大生410円
    小中生210円
    ※3月25日を除く土曜日は高校生以下無料
    ◎開館9:30〜17:00
    (入館は16:30まで)
    ◎休館月曜日
    (但し3月20日(月・祝)は開館
    3月21日(火)は休館)
  • 日立シビックセンター

    2月5日(日) 10:30〜16:00

    第24回 日立サイエンスショーフェスティバル
    実験名人の部

    (1)全国の実験名人によるサイエンスショー
     10:30〜12:30
    (2)実験や工作に参加できる体験ブース
     10:30〜16:00
    (3)プラネタリウム特別プログラム
     「行先はあなた次第! 日立発 宇宙ミステリーツアー」
     @10:30〜 A11:00〜 B11:30〜
     ※各回約15分

    ◎場所日立シビックセンター 科学館・天球劇場
    ◎入場料大人520円、小中学生320円、幼児無料
    ※工作は別途参加料が必要です。
    ◎問合せ日立シビックセンター科学館 Tel.0294-24-7731
  • 常陽史料館

    2月7日(火)〜3月26日(日)/アートスポット

    企画展「菊池洋子 リボン刺しゅう&キルト展」

    常陸太田市在住のキルト作家・菊池洋子さんは、パッチワーク教室を主宰する傍ら『Quilter’s Newsletter Magazine』(米国)の表紙に掲載されるなど、数々の雑誌や書籍に作品を発表してきました。今展では、35年に及ぶ作家活動を振り返るとともに四季の花々を表現したリボン刺しゅうキルト作品等を紹介し、その魅力に迫ります。

    ◎料金 無料
    ◎開館 10:00〜17:45
    ◎休館 毎週月曜日
  • 茨城県自然博物館

    2月18日(土)〜6月11日(日)

    第68回企画展「アンモナイト・ワールド-恐竜時代の海へいこう-」

    日本や世界各地で産出するさまざまなアンモナイト化石の展示を通して、最新の学術的知見を取り上げながらアンモナイトを紹介します。本企画展を通して、生物としてのアンモナイトを知り、地球上で行われる生物の絶滅と進化について一緒に考えていきましょう。

    ◎料金一般740円/高大生450円/小中生140円
    ※未就学児、満70歳以上の方、
     障害者手帳を持参された方は入館無料
    ※毎週土曜日は、小・中・高校生は入館無料
     (春・夏・冬休み期間中は除く)
    ◎開館9:30〜17:00(入場は16:30まで)
    ◎休館毎週月曜日
    (月曜が祝日の場合はその翌日)
  • 水戸市立博物館

    2月14日(火)〜3月12日(日)

    ギャラリー展示「水戸城下のひな祭り」
    -うららかな春の陽ざしの中で-

    雛人形のルーツのひとつに、平安時代の貴族の姫君の「ひいな遊び」があります。当時の「ひいな遊び」は、現代の雛人形とは違って、季節を限ったものではなく、日常的に行われていた人形を使った遊びで、現代の「ままごと」のようなものだったと推測されます。展覧会では、平安時代の「ひいな遊び」の想定模型や昭和時代の雛人形を展示し、雛人形の歴史をたどります。

    ◎料金一般600円/大学生310円
    ◎会場茨城県立歴史館 1Fロビー、2Fギャラリー
    ◎開館9:30〜17:00(入館は16:30まで)
    ◎休館毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
    ◎主催水戸市立博物館
  • つくばエキスポセンター

    〜5月28日(日)/
    プラネタリウムオリジナル番組

    「わくわく惑星ツアー 〜太陽系最前線〜

    土星のリング、金星の風、地球外生命など、私たちの住む太陽系はまだ多くの謎を秘めています。「宇宙女子」の黒田有彩さんと一緒に、その謎を探る惑星ツアーに出かけましょう!
    (上映時間40分)

    ◎料金プラネタリウム券(入館含む)
    おとな820円/こども410円
    ※おとな:18歳以上、
    こども:4歳〜高校生、3歳以下無料
    ◎開館9:50〜17:00
    ◎休館毎週月曜日
    (祝日の場合は翌日)
    月末最終火曜日、臨時休館あり
  • 小美玉市小川文化センター(アピオス)

    2月26日(日) 14:00

    林修講演会
    やりたい事とできる事

    ◎料金 2,000円
    ◎全席指定
    ◎未就学児入場不可
    ◎主催 小美玉市
    ◎ボランティア協力:アピオスぱるず
    ◎チケット発売開始:12月24日(土)10:00〜
    ◎発売初日は電話・
     インターネットのみ受付
  • 小美玉市小川文化センター(アピオス)

    【説明会】2016年10月15日(土)14:00
    【公開オーディション】2016年11月20日(日)13:00(予定)
    【本公演】2017年3月19日(日)15:00(予定)

    「第8回 小美玉発! スター☆なりきり歌謡ショー」 出演者募集!!

    ステージに上がるのは一般の方! 昭和・平成の流行歌をその歌手になりきって、プロバンドの生演奏で本気で歌っていただきます。今度のスターはあなた! あなたもスターの気分、味わってみませんか?

    応募条件などの詳細はHPで!
  • 小美玉市小川文化センター(アピオス)

    3月11日(土)
    昼の部13:00/夜の部17:00

    水森かおりコンサート
    〜歌謡紀行〜

    「鳥取砂丘」「安芸の宮島」など数々のヒット曲をぜひアピオスでお楽しみください。

    ◎料金5,000円
    ◎全席指定
    ◎未就学児入場不可
    ◎主催小美玉市
    ◎ボランティア協力アピオスぱるず
    ◎チケット絶賛発売中
TOPへ戻る
TOPへ戻る 会社案内 関連会社 採用情報 プライバシーポリシー ページの一番上へ
[月刊ぷらざ 茨城版 WEBサイト]は、茨城弘報株式会社が運営しています。
株式会社ぷらざ茨城 〒310-0841 茨城県水戸市酒門町4269-6 Tel:029-304-0071 Fax:029-247-7081 E-mail:web@plaza-mito.co.jp